障害年金とは

皆さんは、普段の生活をする中で、年金について深く考えたことはあるでしょうか。元気な時にはあまり関係がないものであっても、自分自身に思いがけない災難や災いが起きた場合には、年金に頼って生活することを想像しておくと良いでしょう。年金と聞きますと、手続きが面倒である印象や複雑な内容であるという思い込みがあります。しかし、それらを一つずつ理解することはとても重要なことで、自分自身が困っている時に役立つ支援策となります。

ケガ年金には沢山の種類がありますが、障害年金とは、病気やけがによって生活に不自由なことや支障をきたすことが起きた場合に支給される年金です。年金受給者となる高齢者だけでなく、現役で働いている世代でも支給されるのが特徴となります。障害年金には、障害基礎年金と障害厚生年金があります。障害基礎年金は、国民年金受給者が支給される障害年金のことを指していて、もう一方の障害厚生年金は、文字通り厚生年金に加入している人が支給される障害年金です。

障害年金を受け取る場合には、年金を普段からきちんと納めていることが証明できることが前提で、納付状況に応じて支給の可否が決定します。また、障害年金を支給されるほどのケガや病気でない場合には、一時金となる障害手当金も設けられています。必要な時に必要な金額をきちんと受給されるためには、日頃から年金の納付を怠らないことが重要になります。ちゃんと納めておけばよかった…と後悔することがないように気を付けましょう。