受給要件のこと

では障害年金の受給要件はどのようになっているのでしょう。上記でも紹介した通り、障害年金は、障害基礎年金と障害厚生年金に分類されます。それぞれで受給要件が異なりますので、一つずつ紹介します。

年金手帳まず国民年金受給者が該当する障害基礎年金の受給要件は、国民年金に加入している間や20歳前の年金制度に加入していない期間、もしくは60歳以上65歳未満である年金制度に加入していない期間であることが条件です。そして、初診日として障害の原因となった病気やけがについて、初めて医師や歯科医師の診療を受けた日の病気やケガであることも条件となります。更には、法令により定められた障害等級表のよる1級や2級に該当する障害の状態にある時に、障害基礎年金が支給されます。

一方の障害厚生年金の受給要件ですが、厚生年金に加入している間であることが条件です。加えて、初診日のある病気やけがで、障害基礎年金の1級または2級に該当する障害の状態になった時は、障害基礎年金に上乗せして障害厚生年金が支給されます。また、障害の状態が2級に該当しない軽い程度の障害のときは3級の障害厚生年金が支給される仕組みになっています。

どちらの障害年金にも共通することは、きちんと障害基礎年金を納めていることがポイントとなりますので、いざという時に困らないような行動をしておきましょう。